予算の問題

婚約指輪を購入するにあたって大きな問題となるのが予算のことです。昔は給料三か月分の指輪を贈る、ということが一般的に言われていました。しかし、実際にこれだけの金額を用意するというのはとても大変なことです。結婚前というのは指輪の購入はもちろんですがそれ以外にもいろいろとお金がかかります。結婚してからさらに子供が生まれてからのことを考えると無理をすることは危険です。そこで身の丈にあった金額のものを選ぶようにしましょう。

とはいえ、やはり婚約指輪というのはダイヤモンドがあしらわれているものが一般的であるため価格としては最低でも10万円はかかることが相場となっています。そこからオリジナルの刻印を入れたりサイズの調整をしたりといったことをするとさらにかかってしまうということもあります。

予算を抑えることによってダイヤモンドの質も悪くなってしまったり石が小さくなったりするということもありますし、好みのデザインのものが購入できなくなってしまったりすることもあります。しかし、一生に一度のことですから、予算とデザイン、石のサイズとすべてが少しでも理想となるものを選ぶようにしましょう。予算が難しいとなれば結婚費用で抑えられる費用を抑えたり、デザインについてもブランドを問わず考えたりセミオーダーを検討したりといろいろな選択肢をあげて少しでも理想の指輪を見つけ出しましょう。

どれを選ぶか

婚約指輪を購入する際に多くの人が悩むのがどの指輪を購入するかということです。せっかくならばサプライズとして彼女の知らないうちに用意をして驚かせたいと考える人も少なくありません。しかし、女性の多くは婚約指輪に対して強いあこがれをたくさん持っていますから、自分の好みのデザインや希望するブランドといったものがいろいろとあり、そういった希望にかなったものを彼女に聞かずに購入するということはとても難しいです。

話し合い贈った後で彼女の欲しいものではなかったという場合、喜んでもらえなかったショックはとても大きいです。婚約指輪は決して安いものではないですから買いなおすということもできません。そこで、彼女の希望するリングがどういったものであるかわからないという場合には正直にその旨を伝え、一緒に選ぶということも一つの方法です。

はっきりと聞くことは避けたいという場合には、さりげなく彼女の好みを確認したり指のサイズを確認したりすることもできます。自宅のアクセサリーケースに入っている指輪や洋服のテイストを見ればどういったものが好みかということも見えてきます。しかし、そういったものを見ても不安という人は正直に彼女に伝え、一緒に指輪を見に行くことも問題ありません。渡すタイミングやシチュエーションだけサプライズにするということでも十分喜んでもらえます。

購入する時期

婚約指輪というのは婚約している期間に身につけるものです。プロポーズを受けて結婚式や入籍を終えるまでの婚約している期間というのは入籍と違い特に手続きが必要ありません。夫婦になる準備期間というとても大事な期間でありながらも特別な手続きや式を行わないため、ないがしろにされてしまうことも少なくありません。

周囲へ婚約したことを報告する意味もありますし、二人の間で結婚に向けての誓いの意味もありますから、婚約指輪を購入した人の多くは購入して身につける期間があってよかったということを口にします。

カレンダーそこで難しくなってくるのが婚約指輪を購入する時期です。婚約指輪を購入するにあたってはどういったものを購入するかによっても違ってきますが、店舗に行ってその場で受け取って帰るということができないことがほとんどであることを理解しておく必要があります。婚約指輪というのはこれから結婚する人へ贈る大切なものであるため店舗に在庫を抱えず購入する際に入荷するという形式をとっているお店も多いため、その日に受け取れないケースが多いのです。

また、人によってはセミオーダーやオーダーメイドで作るということもありますし、刻印を入れてもらうということもあります。そういったことから手元に届くまで最短でも一週間、長いものになると数か月かかるというケースもあるのです。そこで、結婚を決意したらプロポーズする時期から逆算して婚約指輪を用意することが必要になります。

婚約指輪の用意

結婚を決めたら婚約指輪を渡すことになります。男性が女性に対して結婚の誓いや永遠の愛を誓うために贈るものです。婚約期間中に身につけて結婚をすることを周囲に報告するという意味も持っています。婚約期間のみしか身につけないために必要ないと考える人もいますが、ダイヤモンドがあしらわれたリングは結婚してからも結婚式やパーティーといった華やかな場に足を運ぶ際に身につけることもできますし、一生の記念にもなるということで購入する人がほとんどです。

指輪しかし、男性としては結婚を決めて婚約指輪を用意するとなるといつ、どのタイミングでどうやって渡せばいいのか、そしてどういった指輪を購入すればよいのか、予算はどのくらいなのかということが疑問として出てきます。一生に一度のことですし女性の多くは様々なあこがれを抱いているものですから、渡してイメージと違うものでがっかりさせるようなことは避けたいものです。そこで、事前にある程度彼女の希望を確認したり予算の準備をしたりといった下準備をすることが必要になってきます。

特に費用の面はかなり慎重に考えることが必要となります。結婚前後はいろいろとお金がかかるものです。独身時代のようにほしいと思ったものを簡単に購入することができるわけではありません。そこで彼女の希望をかなえつつも結婚式の費用やその後の新生活の準備費用を考えながら用意できる予算を決めることが重要です。また、あまりにもすごいものを用意してしまうと彼女もお礼の品の準備があるため惑わせてしまいます。お互いのためにも慎重に考えるようにしましょう。