予算の問題

婚約指輪を購入するにあたって大きな問題となるのが予算のことです。昔は給料三か月分の指輪を贈る、ということが一般的に言われていました。しかし、実際にこれだけの金額を用意するというのはとても大変なことです。結婚前というのは指輪の購入はもちろんですがそれ以外にもいろいろとお金がかかります。結婚してからさらに子供が生まれてからのことを考えると無理をすることは危険です。そこで身の丈にあった金額のものを選ぶようにしましょう。

とはいえ、やはり婚約指輪というのはダイヤモンドがあしらわれているものが一般的であるため価格としては最低でも10万円はかかることが相場となっています。そこからオリジナルの刻印を入れたりサイズの調整をしたりといったことをするとさらにかかってしまうということもあります。

予算を抑えることによってダイヤモンドの質も悪くなってしまったり石が小さくなったりするということもありますし、好みのデザインのものが購入できなくなってしまったりすることもあります。しかし、一生に一度のことですから、予算とデザイン、石のサイズとすべてが少しでも理想となるものを選ぶようにしましょう。予算が難しいとなれば結婚費用で抑えられる費用を抑えたり、デザインについてもブランドを問わず考えたりセミオーダーを検討したりといろいろな選択肢をあげて少しでも理想の指輪を見つけ出しましょう。