購入する時期

婚約指輪というのは婚約している期間に身につけるものです。プロポーズを受けて結婚式や入籍を終えるまでの婚約している期間というのは入籍と違い特に手続きが必要ありません。夫婦になる準備期間というとても大事な期間でありながらも特別な手続きや式を行わないため、ないがしろにされてしまうことも少なくありません。

周囲へ婚約したことを報告する意味もありますし、二人の間で結婚に向けての誓いの意味もありますから、婚約指輪を購入した人の多くは購入して身につける期間があってよかったということを口にします。

カレンダーそこで難しくなってくるのが婚約指輪を購入する時期です。婚約指輪を購入するにあたってはどういったものを購入するかによっても違ってきますが、店舗に行ってその場で受け取って帰るということができないことがほとんどであることを理解しておく必要があります。婚約指輪というのはこれから結婚する人へ贈る大切なものであるため店舗に在庫を抱えず購入する際に入荷するという形式をとっているお店も多いため、その日に受け取れないケースが多いのです。

また、人によってはセミオーダーやオーダーメイドで作るということもありますし、刻印を入れてもらうということもあります。そういったことから手元に届くまで最短でも一週間、長いものになると数か月かかるというケースもあるのです。そこで、結婚を決意したらプロポーズする時期から逆算して婚約指輪を用意することが必要になります。